NPO法人 漱石山房 ホームページ
       
最新情報 はじめに 夏目漱石について 漱石山房について 活動紹介 リンク メール
活動紹介
平成24年度活動報告
平成23年度活動経緯
平成22年度活動経緯
平成21年度活動経緯
平成20年度活動経緯
平成19年度活動経緯
平成18年度活動経緯
はじめに
概要

   ■ 平成20年度活動経緯 


21.2 「日本史サスペンス劇場」に資料提供しました
日本史サスペンス2月11日(水)
日本テレビ
日本史サスペンス劇場
「壮絶!!女の2時間スペシャル @夏目漱石の妻は史上最強の悪妻だった?」
に資料を提供しました。

21.3 「小森陽一先生 第2回 夏目漱石文学講座」
新会場・早稲田ゼミナールにて新会場・早稲田ゼミナールにて。

20.12.27 「漱石枕流」
第1部 講演「私のなかの漱石」茂木健一郎(脳科学者)
第2部 東京フィルハーモニー交響楽団による弦楽四重奏
第3部 座談会「漱石よもやま話」半藤末利子(エッセイスト)
                茂木健一郎(脳科学者)
                牧村健一郎(朝日新聞社記者)

21.2.7 「漱石千思万考」
第1部 創作落語「『坊っちゃん』外伝」三遊亭円窓 
第2部 日本舞踊「吾輩は猫である」花柳寿南海
第3部 大喜利    五明楼玉の輔
           桂平治
           三遊亭萬窓
           三遊亭丈二
           三遊亭遊雀
新宿区主催のイベント「漱石枕流」(2008年12月7日開催)および「漱石千思万考」(2009年2月7日開催)にて、夏目漱石に関するパネル展示と新宿中村屋特製月餅や当会オリジナル絵葉書などの関連グッズ販売を、会場ロビーで行いました。
夏目漱石に関するパネル展示新宿中村屋特製月餅や当会オリジナル絵葉書などの関連グッズ販売

21.1.25 「第17回牛込箪笥地域まつり」に参加
牛込箪笥地域まつり地域住民との交流を深めるために、平成21年1月25日日曜日当会メンバーは、新宿区牛込箪笥地域センターで催された「第17回牛込箪笥地域まつり」に参加し、夏目漱石の啓蒙活動を展開しました。
「NPO法人漱石山房」のブース 展示コーナーで、夏目漱石の年譜、系図、漱石山脈の主要人物一覧パネルを掲示したほか、パソコンで貴重な写真を紹介しました。
「ぬり絵展」会場を演出してくれた子どもたちのぬり絵
また、訪れた子どもたちは当会「オリジナルぬり絵」で楽しそうに遊び、その出来上がった作品は「ぬり絵展」会場を演出してくれました。
「オリジナルぬり絵」を楽しむ子どもたち
子どもたちの間からは、「夏目漱石って、お札になっていた人だよね。私、知ってるよ」という会話も聞こえてきました。

21.1.21 「小森陽一先生第2回夏目漱石文学講座」が始まりました
小森先生講座風景
 小森陽一先生第2回夏目漱石文学講座が1月21日より高田馬場の三協信用金庫本店で始まりました。今回は、「それから」と「門」を取り上げています(前半3回で「それから」、後半3回で「門」を講義)。第1回から引き続き通われている熱心な受講生もいて、先生の解り易い解説がみなさまにとても好評です。
 現在、若干の参加スペースがあります。途中からの受講を希望される方は、下記の連絡先までご相談ください。
日時:1月21日・28日・2月4日(13:30〜15:30)
   3月4日・11日・18日(13:30〜15:30)

連絡先:090-2133-4615(近藤) 090-2544-5901(田中)
    hitomedesu@yahoo.co.jp(田中)

20.10.30〜31 案内人とめぐる「夏目漱石の修善寺」
修善寺にて
菊屋旅館の女将と共に

20.10.26 「榎町地域センターまつり」
榎町地域センターまつり10月26日(日)榎町の「地域センターまつり」が開催され参加しました。
会場内では「折り紙」、当会オリジナル「塗り絵コーナー」の他、今回は特別に趣向を凝らし、パソコンの画面上で「夏目漱石13回忌写真集」を紹介したり、また、当会所有の「デスマスク」を展示しました。
訪れた一部の人から「漱石の存在がより身近に感じられた」との感想が寄せられたり、当会の活動への期待と励ましの言葉を述べられるなど、「地域まつり」参加により地域住民の方々との交流に大いに役立った一日でした。

20.10.19 第29回大新宿まつり「ふれあいフェスタ2008」
新宿フェスタ 中山区長とともに「区民相互のふれあい」と、「連帯の強化」を図ることを目的とした「ふれあいフェスタ2008」が、10月19日(日)都立戸山公園で開催され、当会も参加しました。当日会場のメインステージ上で、当会代表者の挨拶、そして活動状況が報告され、NPO法人漱石山房を大いにアピールしました。
当日は素晴らしい快晴に恵まれ、展示ブース内では、漱石に関する各種展示パネルを興味深く読む人々、当会オリジナルの「塗り絵」や「折り紙」を楽しむ家族連れなどたくさんの人々で賑わい、参加区民の皆さんとの交流が一段と深まった有意義な秋の一日となりました。
(写真は、中山区長と共に)

20.10.5 「修善寺講演会」好評のうちに閉幕 (新宿区共催)
 新宿区四谷区民ホールにて「夏目漱石特別講演〜漱石の修善寺〜」が開催されました。
 第一部の特別講演「漱石の修善寺」では、作品の朗読やユーモアを交えた東京大学大学院教授小森陽一氏の講演内容に、会場は大いに盛り上がりました。
 そして第二部は、漱石に縁のある3氏、半藤末利子氏、野田みど里氏、松根敦子氏をパネリストに迎えた鼎談「修善寺の大患と漱石山房」。司会は第一部に引き続き小森氏でした。修善寺菊屋旅館で未だに語り継がれている漱石夫婦の姿や心配して駆けつけた大勢のお弟子さんの様子など、さまざまな貴重な話が展開されました。
小森氏、半藤氏、野田氏、松根氏
森成氏 さらに、この度特筆すべきは、修善寺より伊豆市市長をはじめ多くのお客様をお迎えできたこと、そして、サプライズゲストとして漱石の主治医だった長与胃腸病院医師、森成麟造氏直系のご子孫をお迎えできたことです。幕間にお席でご挨拶された森成氏に、会場の漱石ファンは大感激でした。

20.9.24 「小森講座」 いよいよ始まる!

小森先生
2008年9月24日、小森陽一先生による「第1回夏目漱石文学講座−漱石文学を解き明かす−」が開講いたしました。今秋の講座では、前半3回で「虞美人草」、後半3回で「三四郎」を取り上げます。

満席となった教室での講座ほぼ満席となった教室では、小森先生の流暢な朗読を交えた興味深い内容に、受講生の皆様はとても満足されているご様子でした。
 
引き続き今後は、前期三部作の残作品及び後期三部作の講座も予定しておりますので、皆様のご参加を是非お待ちしております。

20.7.10 特別講演「新宿の漱石 文月講演会」(新宿区共催)
四谷区民ホールにて、平日にもかかわらず多くの方々にご参加いただきました。
紅野敏郎先生
第1部では、「漱石書簡の魅力と活力」と題して、早稲田大学名誉教授 紅野敏郎先生が熱弁を奮われ、漱石の新しい魅力を発見された方も多かったと思われます。
神田紅師匠
第2部では神田紅師匠にご登壇戴き
講談「坊っちゃん」を語っていただきました。
原作の良さを残しつつBGMに乗せて軽快なテンポで明るい美声で語るとき、「坊っちゃん」の魅力を再発見しました。

(写真御提供;宇野澤様)
半藤末利子さん
漱石のお孫さんである半藤末利子さんが、今年7月に発刊された「夏目家の招猫」にご署名された文庫本を当日の参加者全員に寄贈してくださいました。
また、幕間にご登壇されて、第1部のときの質問に対する補足説明と寄贈の趣旨の説明をしていただきました。

20.6.7〜15 東京ギンガ堂 音楽劇「ねこになった漱石」を応援しました
夏目漱石の玄孫の夏目ひみかさん新宿区内の歌舞伎町特設テントで開催された、音楽劇「ねこになった漱石」が連日盛況を博して、9日間の公演を終演しました。この音楽劇には夏目漱石の玄孫の夏目ひみかさんも特別出演し、NPO法人漱石山房も応援しました。

   20.4.29 「新宿御苑みどりフェスタ」へ参加しました
新宿みどりフェスタへ参加平成20年4月29日に「新宿御苑みどりフェスタ」が開催され、NPO法人漱石山房が、リニューアルした漱石公園のパネル等を展示しました。

多くのお客様がブースに立ち寄り熱心に説明に聞き入っていました。
Copyright 2007-2013 souseki-sanbou All rights reserved