NPO法人 漱石山房 ホームページ
       
最新情報 はじめに 夏目漱石について 漱石山房について 活動紹介 リンク メール
活動紹介
平成24年度活動報告
平成23年度活動経緯
平成22年度活動経緯
平成21年度活動経緯
平成20年度活動経緯
平成19年度活動経緯
平成18年度活動経緯
はじめに
概要

   ■ 平成22年度活動経緯 


23.2.12 「夏目漱石とクラシック音楽」
「漱石とクラシック」
平成23年2月12日(土)午後3時から、四谷区民ホールにて、新宿区主催「夏目漱石とクラシック音楽」が開催され、当日は雪混じりの悪天候にもかかわらず、ホールはほぼ満席の大盛況でした。
NPO法人漱石山房のブース
NPO法人漱石山房は、漱石のデスマスクや漱石所蔵の落款の展示、そして漱石関連商品の販売という形で本催しに協力しました。

22.12.12 「新宿の漱石 師走講演会」
平成22年12月12日日曜日、新宿区立四谷区民ホールにて「新宿の漱石師走講演会」が催されました。 第一部「倫敦塔と退化論」では、東京大学大学院教授小森陽一先生が、当時の社会的背景を交えて留学時代の漱石についてお話をされ、第二部「ロンドンの漱石と出会った人々」では、ロンドン漱石記念館館長恒松郁生先生 が、現地の公文書などで調べ上げた漱石の足跡を写真で紹介してくださり、ご来場いただいたお客様それぞれが 、大変ご満足いただけたご様子でした。
小森陽一先生スクリーンに写真を映しながら講演される恒松郁生先生

22.10.24 「榎町地域センター祭り」に参加しました。
2010年10月24日(日曜) 新宿区榎町地域センターにて 「榎町地域センター祭り」に参加し、漱石展示コーナーとして、紙芝居と塗り絵、デスマスクの展示をしました。

22.10.17 第31回大新宿まつり「ふれあいフェスタ2010」に、今年も参加しました。
当会のブース10月17日日曜日、都立戸山公園にて開催された第31回大新宿まつり「ふれあいフェスタ2010」に、今年も参加しました。 当会「漱石山房」のぼり
参加者に楽しんでいただいた漱石やその作品に関する塗り絵場所は例年どおり、汽車ポッポや似顔絵コーナーのある親子づれが多く集まる広場の一角。漱石やその作品に関する塗り絵や紙芝居で楽しんでいただきました。
当会所蔵の漱石のデスマスク(レプリカ)また、当日は当会所蔵の漱石のデスマスク(レプリカ)にも多くの注目が集まり、「新宿で生まれ、新宿で人生の幕を下ろした漱石」を印象づけることができました。

22.4.20 「漱石山房 広がる夢」・・・朝日新聞で当会の活動が紹介されました。
朝日新聞記事朝日新聞(2010年4月20日付)で、2005年から始まった新宿区の夏目漱石への取り組みと共に、当会の活動が紹介されました。
本文では、当会主催の夏目漱石をテーマとした講演会が2006年から始まり、今年の4月10日新宿区立牛込箪笥区民ホールで開催されたものが第8回目であること、石原千秋氏(早稲田大学教授)と早坂暁氏(脚本家)を招いた今回も300人前後の漱石ファンが詰め掛けるほど大盛況だったことなどが紹介されています。
記事の最後は、近藤理事長の「漱石山房の復元を実現して、全国に散在する漱石ファンの情報発信の場としたい」という言葉で結ばれていました。
Copyright 2007-2013 souseki-sanbou All rights reserved