NPO法人 漱石山房 ホームページ
       
最新情報 はじめに 夏目漱石について 漱石山房について 活動紹介 リンク メール
漱石と早稲田散策
桜と漱石ゆかりの地
明治文学ゆかりの地
漱石ゆかりの地

早稲田近くの江戸川橋沿いは東京屈指の桜の名所。
かつての神田上水の両側には、ソメイヨシノ並木が立ち並び、長くの伸びた枝が川辺に垂れ下がり、満開時には絶景の眺めです。


漱石生誕の地

夏目漱石は慶応3年(1867年)1月5日に、名主の末子として誕生しました。早稲田駅の2番出口をあがり、夏目坂入口の吉野家前のにある碑には、生誕100年を記念し昭和41年新宿区により建立されたもの、書は弟子の安部能成によるもの。
ちなみに隣の小倉屋酒店には忠臣蔵で知られた堀部安兵衛が飲んだと言う酒升が残っている。
新宿区喜久井町1


誓閑寺

漱石の随筆「硝子戸の中」で子供の頃に聞いた除夜の鐘の音について、ふれています。
鐘は区内最古のもの
新宿区喜久井町61



漱石山房跡

漱石が明治40年に移り住み、49歳で没するまでの10年間執筆活動を行った旧居跡で、現在は区立漱石公園となって、銅像と猫塚がおかれ整備されています。
新宿区早稲田南町7


松井須磨子の墓

明治後期から大正にかけて活躍した新劇女優『人形の家』、『復活』が大当たりし、挿入歌「カチューシャの唄」で一世を風靡した
日本初の歌う女優でもある。
新宿区弁天町100


大隈講堂&庭園

早稲田大學のシンボルといえば大隈講堂。
講堂隣には創設者でもある明治の重鎮 大隈重信翁の庭園跡、 現在は「早稲田リーガルロイヤルホテル」と庭園となっている。
庭園開放は大学の授業期間中(4〜12月)の月・火・木・金に一般公開されている。
新宿区戸塚町1-104

早稲田大学

早稲田大学前身である東京専門学校に漱石が一時期講師として勤めた。
構内には演劇博物館や會津八一博物館が一般公開されている。
新宿区西早稲田1-6-1

桜が満開の時期である4月中旬から5月初旬にかけて「文京さくらまつり」が行われます。
特にこの近くの駒塚橋の上から神田川沿いの満開の桜は絶景です。

椿山荘 椿山荘は明治11年、明治の重鎮 山県有朋公が私財を投じてこの約2万坪地に、日本庭園を増築したもの。庭園内には、庭園以外に三重塔や蛍の谷などがある。
4月の「文京さくら祭り」期間は、神田川沿いの入り口も開放され内部を散策することが出来きます。
文京区関口2-10-8


芭蕉庵

駒塚橋から繋がる胸突坂沿いには芭蕉庵がある。
芭蕉庵は俳人芭蕉が2度目の江戸入り後、延宝5年 (1677)から深川芭蕉庵に移るまでの4年間住んだ邸宅跡。 内部には茶屋と句碑、庭園などがある。
芭蕉はここから早稲田の田圃を眺め琵琶湖に見立てて「五月雨にかくれぬものや瀬田の橋」の句を詠んだ。敷地内の茶屋で飲料の販売休憩所を提供している。
脇の胸突坂を上がると「講談社野間記念館」や「永青文庫」などがある。
文京区関口2-11


新江戸川庭園

熊本藩細川家の下屋敷で、明治15年(1882年)細川家本邸の回遊式日本庭園で無料公開され散策の休憩場所として最適。
文京区目白台1-1-22


甘泉庭園

甘泉園は明和年間につくられた徳川御三卿の清水家下屋敷。維新後、相馬候爵邸となり、昭和13年に早稲田大学が譲り受けて付属施設とした。
幼少期ここを漱石が散策したといわれている。無料公開され散策の休憩場所として最適。
新宿区西早稲田3-5


水稲稲荷神社

文亀元年上杉冶部少輔友良が霊夢を見て勧請した事に始った甘泉園に隣接する神社。
元禄15年4月再び榎の幹より水が湧き出る夢を見て、そのすぐ後に夢と同じように水が沸いて出たので、水稲荷社と称するようになった。
敷地内には流鏑馬を行った一直線の道がある。
新宿区西早稲田
   3-5-43
穴八幡宮

寛永13年(1636年)に松平左衛門尉直次が射術のために的山を築き、弓矢の守護神である八幡神の小祠を営んだことにはじまります。
ここには漱石の妻鏡子が虫封じのお参りをしたと伝えられている
。表参道前には「流鏑馬」像がある。
新宿区西早稲田
   2-1-11

Copyright 2007-2008 sousekisanbou All rights reserved